【衝撃】めちゃイケ、打ち切り終了へwww 明石家さんま激怒事件(詳細あり)でフジテレビ上層部が腹を決めるwww

お笑いコンビ「ナインティナイン」らが出演するフジテレビ系「めちゃ×2イケてるッ!」がついに“危険水域”に入り込んだ。12月5日放送の「AKB48高橋みなみと卒業旅行2時間SP」の視聴率が7・5%と大惨敗。めちゃイケ班が中心になって制作された今夏の27時間テレビは大失敗。

1

ついに「めちゃイケ」に大ナタが振り下ろされる。

同局関係者は「7・5%という数字(視聴率)には驚きもない。“ついに来たか”という感じです。めちゃイケ班が中心になって制作された夏の27時間テレビがコケたときに、上(層部)は見切りをつけていた。番組のクオリティーにさんまさんが激怒したほどでしたから。『笑っていいとも!』も『ライオンのごきげんよう』も打ち切りになる時代。テレ東にすら抜かれる始末のウチに、低視聴率番組を残しておく余裕はない」と突き放した。

低迷した27時間テレビの平均視聴率(10・4%)よりも深刻だった明石家さんま(60)の“激怒事件”とはどんなものだったのか。

還暦を迎えたさんまは「オレたちひょうきん族」時代からフジとは関係が深く、現在も「さんまのお笑い向上委員会」で後輩芸人たちと“真剣勝負”するほど、お笑いを愛している。そのさんまが、「めちゃイケ」班が担当した27時間テレビのスタッフに「お前らは芸人のことを全然わかってへん! こんなことが続くなら、俺は二度と出演せえへん!」と激怒していたのだという。

1

「さんまさんは『お笑いは会議で作られるものではない』という考え方の持ち主。『笑いは台本でコントロールできない。芸人の実力であるアドリブによってできるもの』という自負がある。だが、今年の27時間テレビは台本が細かく、さんまにとっては窮屈なものだった。そこに苦言を呈したんです」(前出関係者)

視聴率は危険水域を突破しているだけに、来年3月末での打ち切りが最有力視されている。(視聴率は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

1

『めちゃ2イケてるッ!』(めちゃめちゃいけてるっ!)は、フジテレビ系列で1996年10月19日から毎週土曜日の19:57 – 20:54(JST)に放送されているナインティナインがメイン司会を務めるバラエティ番組(一部系列局を除く)。ステレオ放送、字幕放送、ハイビジョン制作が実施されている。

正式な番組タイトル名は『めちゃ2イケてるッ! -What A COOL(笑顔マーク)we are!-』( – ホワット・ア・クール・ウィー・アー!)。通称「めちゃイケ」。新聞のラテ欄では「めちゃ×2イケてる」若しくは「めちゃ×2イケてるッ!」と表記される事がある(スペシャル版は除く)。

1996年10月19日、放送スタート。

放送開始以来、横並びではほぼ独走状態であり、安定して15%以上の視聴率を記録し20%以上も珍しくなかった。番組の視聴層である若い世代の在宅率が低くなる事等が起因して夏場(7-9月)の視聴率が10%前後と低迷する傾向がある。

その後もスペシャルでは18%近い高視聴率をつけるものの、通常回の視聴率は11 – 14%台で推移している。しかし2012年1月7日放送回のオカザイルSPでは22.3%と高視聴率を記録した一方で、同年7月28日放送回は裏番組で「ロンドンオリンピック・サッカー女子日本×スウェーデン」の影響で歴代最低の7.9%を記録した。

しかし、近年では、通常回の視聴率は、1桁が続いているが、スペシャルでは高視聴率を記録することもある。