ブルーベリーとヨーグルトを同時に摂取すると血圧改善や高血圧予防効果が失われてしまう可能性

ブルーベリーとヨーグルトを同時に摂取すると、それぞれの血圧改善や高血圧予防効果が失われてしまう可能性があると判明

1

米アイダホ州立大学の研究者らは、 プロバイオティクスとブルーベリーを同時に摂取すると、それぞれが持つとされる血圧改善や高血圧予防効果が失われてしまうとする研究結果を発表した。

プロバイオティクスとは、人に健康効果のある微生物やその微生物を含む食品のことで、乳酸菌やビフィズス菌を含むヨーグルトや乳酸菌飲料などが代表的。

研究チームは プロバイオティクスやブルーベリーに血圧改善効果があるとする研究結果があることに注目し、両者を組み合わせれば、より効果が増大するのではないかと推察。

高血圧のラットを「普通のえさを与える」「普通のえさに3%のフリーズドライの野生種ブルーベリー」「普通のえさに1%のプロバイオティクスのサプリメン ト」「普通のえさにブルーベリーとサプリ」の4グループにわけ、8週間にわたって収縮期血圧、拡張期血圧を測定した。

その結果、治療を受けていたわけではないため、4グループすべてで血圧は上昇し、高血圧は悪化していた。

ただし、血圧の上昇率は、急速に高くなった普通のえさグループに対し、ブルーベリーグループで約70%、プロバイオティクスグループは約65%抑えられて いた。しかし、両方を摂取したグループは上昇率の抑制が約50%にとどまり、それぞれを単独で摂取したグループよりも低い効果になった。

発表は2015年11月6日、米オンライン科学雑誌「PLOS ONE」に掲載された。

ブルーベリーとヨーグルトの組み合わせ 血圧改善効果が台無しに?
http://news.livedoor.com/article/detail/10911705/

1

ヨーグルト(トルコ語: yoğurt)は、乳に乳酸菌や酵母を混ぜて発酵させて作る発酵食品のひとつ。

ヨーグルトにたまる上澄み液は乳清、英語ではホエイ、またはホエーという。 乳原料を搾乳し利用する動物は専用のウシ(乳牛)だけでなく、水牛、山羊、羊、馬 、ラクダなどの乳分泌量が比較的多く、搾乳が行いやすい温和な草食動物が利用される。

FAOとWHOによって1977年に定められたヨーグルトの厳密な定義によると、「ヨーグルトとは乳及び乳酸菌を原料とし、ブルガリア菌とサーモフィルス菌が大量に存在し、その発酵作用で作られた物」と定められている。日本において乳等省令では「はっ酵乳」のことである。

西原村情報&ニュース