【ベッキー事件】川谷絵音の嫁に関するとんでもない事実発覚!!?長谷川豊に爆弾発言に2ch騒然www

長谷川豊さん「悪いのはベッキーではなく!川谷君の奥さんが一番悪い!川谷の奥さんは犯罪者だ」

1

今回の3つの大きな話題は、実は裏では共通点もある、という話を前回しましたが、今回は特に特徴的である「ベッキー騒動」を少し注目して紐解いてみましょう。

そもそも一番悪いのは…ダントツで川谷君の奥さんですからね?ベッキー騒動には、3人の登場人物が出てくると言えます。

・ベッキーさん。
・ゲスの極みの川谷君。
・そして、その川谷君の奥さん。

この3人をよく見てみると、世間的に圧倒的なバッシングを受け、もはや回復不可能なところまで叩きのめされたのがベッキーさんです。多くの芸能人も…後述しますが、完全に間違った方向にコメントをし始めてします。はっきり申し上げて「国民、総リンチ状態」が出来上がっています。日本人ってこういうの、大好きですよね。池に落ちた子犬を叩きのめして沈める感じ。私、こういう雰囲気、大嫌いです。

もうね、好感度上げようと必死な寒いテレビコメンテーターたちが必死になって擁護しているのがこのゲス谷君の奥さん。この奥さん、ここからの行動があまりにもひど過ぎる。彼女はもう多く言われているように、クローンiPhoneを制作してラインの画面を抽出しているのです。あ、諸説ある、とか面倒くさいこと、もう言う気はありません。私自身、様々な取材をしている身なのでハッキリ言いますけど、あのラインの画面の流出元が彼女以外いないことくらい、みなさんだって分かってるはずなので、言いきっちゃいます。あのラインの画面を文春さんに持ち込んだのは当然、奥さんです。

1

で、この行為なんですが…皆さんも分かってますよね?

犯罪ですからね?しかも刑事事件です。テレビのコメンテーターたちに本気で言いたい。分かってる?この3人の中で、完全にダントツで一番ダメな行為をしているのはゲス谷君の奥さんであることは法治国家日本において明白です。

長谷川 豊(はせがわ ゆたか、1975年8月12日 – )は、日本のフリーアナウンサー。元フジテレビジョンアナウンサー。奈良県出身。

洛星中学校卒業。1992年、日生学園第一高等学校(現在は、桜丘高等学校)に進学し、1995年4月に立命館大学産業社会学部に進学。立命館大学放送局 (RBC) に所属した。

1999年4月、フジテレビ入社。

2010年9月16日付けで佐野瑞樹の後任としてニューヨーク支局に赴任。「めざましテレビ」や「情報プレゼンター とくダネ!」内でニューヨーク中継を担当。2012年6月12日、フジテレビより「ニューヨーク滞在関連費用の不正使用があった」として降格処分を受け、アナウンサーを解任される

2013年4月1日、フジテレビを退社。

2013年6月7日、公式ホームページを立ち上げ、フリーアナウンサーとして活動開始を宣言。同日にアメーバブログも開設。同年7月14日 『生贄のジレンマ』の公開記念舞台あいさつに司会者として出席。これがネットでの活動を除くと1年ぶりに公式の場への復帰となった。同年8月28日放送のTOKYO MX「ニッポン・ダンディ」にてテレビに復帰した(夏休みの司会代行として)。 10月からは同番組の毎月第1水曜日のレギュラー司会を担当。