【西郷村事件】逮捕の長男・小磯信幸容疑者の正体がヤバイ…これがニートの末路…自宅から白骨化した父親・母親の遺体が見つかる

30年間仕事せず父の年金で…“住宅2遺体”逮捕の男

福島県西郷村の住宅から母親と父親とみられる遺体が見つかった事件で、逮捕された長男は約30年間、仕事をせず、収入は父親の年金だけだったことが分かりました。

1

西郷村の無職・小磯信幸容疑者(48)は、92歳の母親の遺体を自宅に放置した疑いが持たれています。

小磯容疑者は「遺体をどうしていいか分からなかった」と話していて、容疑を認めています。また、自宅の小屋からは、白骨化した父親とみられる遺体も見つかりました。関係者によりますと、小磯容疑者は中学を卒業後、仕事に就いたことがなく、収入は父親の年金のみだったということです。警察は、年金が振り込まれた銀行の通帳を押収するなどして調べを進めています。

1

4:
中身の成長が15歳で止まってるんだろうな

30:
>>4
多分ガチで軽い知的障害とか発達障害があるんだろ
昔の人間はそういうの診断されてないケース多いしな

43:
これは親子の問題、教育の問題じゃなくて
ひきこもり系の人の居場所がないという社会の問題だよ

62:
次は刑務所で養ってもらうのか