診療報酬詐欺で住吉会三戸慶太郎を逮捕!しあつ野郎など吉本興業10人前後も関与か!暴力団の療養費不正受給事件の裏側がとんでもなくヤバイ!!!

偽の患者を使って医療機関などの診療報酬を不正に受け取っていたとして、6日に指定暴力団住吉会系組長らが詐欺の疑いで逮捕された事件で、吉本興業所属のお笑い芸人10人前後が、患者役として関与していたことが7日、分かった。 

1

中心となったお笑い芸人は、物まねで活躍するしあつ野郎(37)。 名は得意の指圧に由来している。捜査関係者によると、しあつは指圧に関わる資格を取りたがっていたところ、知人から「資格の勉強もできる」と接骨院を紹介され、受診した。 その際、接骨院側が「宣伝にもなるし、芸人仲間を紹介して」と依頼。しあつは求めに応じ複数人を紹介した。 いずれの芸人も接骨院側から数千~1万円の報酬を受け取ったとみられる。

1

今回の不正受給は、国民健康保険の加入者が保険適用の施術を受けた際に、自治体などから接骨院などに支給される療養費に目をつけた“カラ受診”。 暴力団関係者が接骨院の実質的経営者となり、数百人単位のニセ患者を集め、虚偽の申請書を提出していた。

しあつは暴力団の関与や犯罪性については認識しておらず、暴力団関係者との面識や交流はないという。本人は周囲に「紹介はしたが、そのことでマージンは受け取っていない」と仲介疑惑は否定している。

しあつは芸歴15年目の中堅。オール巨人、ジョン・カビラなどの物まねで知られる。 今回関与しているとみられる中では芸歴7年目の芸人が最も若く、若手主体の劇場に多く出演する有望株もいる。 若手芸人はギャラが安く、本業とは異なるアルバイトで生計を支えていることが多い。

捜査関係者によると、吉本興業以外の大手芸能プロでも、関与が疑われるタレントが浮上しており、芸能界全体に波及する可能性もありそうだ。

≪患者の名前を無断使用か≫
詐欺容疑で逮捕された指定暴力団住吉会系組長三戸慶太郎容疑者(49)らが、 療養費の申請書類に接骨院の患者の名前を無断で使っていた疑いがあることが捜査関係者への取材で分かった。 接骨院で保険適用の施術を受けた患者は自己負担分だけ支払い、残りは柔道整復師が自治体などに療養費として代理請求する制度があり、申請書には患者本人の署名が必要となる。警視庁組織犯罪対策4課は、代理で療養費を請求できる制度を悪用したとみて調べている。

西原村情報&ニュース