川村ひかるの今現在、結婚相手の旦那&脳動脈瘤の病気公表!元彼氏は千代大海のグラドルが年齢40代一般男性と婚約!

人気グラビアアイドルとして活躍し、現在は健康管理士や野菜ジュニアソムリエなどの資格を生かした活動を行っているタレントの川村ひかる(36)が、40代の一般男性と婚約したことが10日、明らかになった。

1

ORICON STYLEのインタビューに応じた川村は、お相手の男性について「真面目で誠実で、何の疑いもなく安心感のある人。今どきツイッターやFacebookなどSNSを一切やっていないので、浦島太郎みたいです(笑)」と紹介。1年前に趣味のゴルフを通じて知り合い、神社へのデートなどで愛を育んできた。

結婚について川村は「昔から35歳でしたい、と漠然と考えていた」といい、まさにそのタイミングで婚約者に出会い、「お互いに最初から結婚を意識していた」ため、交際1年を迎えたタイミングでプロポーズされて婚約。まだ入籍はしておらず、「来年の日柄のいいタイミングで」という予定で、挙式についても現時点では未定とのこと。

10代から数多くのグラビア撮影を行ってきた川村は、ダイエットの影響でホルモンバランスを崩し、30代に受けた検査で「卵胞の数が少なく、妊娠は難しい」と診断されたことをかつてブログで公表した。

それから数年が経ち、食生活のコントロールなどの努力によって現在は回復傾向にあるが、「将来に向けて妊活をしようと思っても、独身だと『相手もいないのに?』という目で見られてしまう。劣等感もあったので、妊活を一緒に取り組んでいけるパートナーができたことは、とても心強い」と、婚約者が大きな支えになっているようだ。

幸せな生活がスタートしようとしている川村だが、現在はまた別の大きな不安と戦っている。ちょうど婚約者に出会った1年前、脳に動脈瘤が発見された。現在は小さいため症状はないが、大きくなり破裂すると脳内に出血が起こり、脳梗塞を引き起こす危険性がある。公表についてずっと悩んできたが、「体調のためにお受けできないお仕事もあるのですが、理由を明かさずにお断りするのもずっと申し訳なく思っており、本当のことをお伝えしたい」と、このタイミングでの公表を決断した。

「彼に出会ったゴルフの日、急に激しい頭痛に襲われたのですぐにMRIの検査の予約をして、動脈瘤が見つかりました。その日は私にとって、うれしいことと悲しいことが重なった、まさに人生の転機となる一日でしたね」。

診断直後はショックを受け、数ヶ月は落ち込んだが、「病気によって、自分の人生を改めて見つめ直せました。限られた人生だと意識することで、今は何をやりたいのか、何をやらなくていいのか、自分にとって大事なものが明確でシンプルに考えられるようになりました。かえって幸せになったとも思えます」と今の心境を笑顔で語る。

最後に、婚約者の胃袋をつかんだ料理を尋ねると、レシピ本も出すほど得意としている「発酵食品です」とニッコリ。かつて、ホルモンの不調により食生活の大切さを実感し、健康について勉強して資格を取得、発酵食品とも出合った。

今回も病気をきっかけに、生活スタイルや人生観を見つめ直している。「岐路のたびに病気になり、勉強して吸収して、前進していく。病気はすごく悲しいですが、それの繰り返しのような気がします。そんな人生ですが、これからは2人で歩んでいきたいと思います」。

1
川村 ひかる(かわむら ひかる、本名:篠崎 由希恵(しのざき ゆきえ)、1979年10月18日 – )は、東京都出身のグラビアアイドル、タレント。血液型はAB型。ニックネームは「ひかちゃん」。