NHK朝ドラ「ひよっこ」ヒロイン有村架純に批判殺到wwオーディションなしww

来春から放送開始予定のNHK朝の連続テレビ小説『ひよっこ』のヒロインに、女優の有村架純が抜擢されたことが、先月29日に明らかになったのだが、朝ドラのヒロインはこれまで、オーディションで選ばれるのが常だっただけに、「ゴリ押し感が凄いな」「他の若手女優たちは納得いかないだろうな」などと、批判の声が殺到しているようだ。

1

最近ではその傾向が薄れつつあるが、NHKの朝ドラはもともと新人女優の登竜門的な意味合いが強く、ヒロイン役を勝ち取るためのオーディションは熾烈を極めるといわれている。

昨年放送された『まれ』の土屋太鳳や、『あさが来た』の波瑠、現在放送中の『とと姉ちゃん』の高畑充希に、次期放送の『べっぴんさん』の芳根京子らも皆、何度もオーディションを受け、ようやくその座を手にしている。

有村にしても、ブレークのきっかけとなった、2013年放送の『あまちゃん』では、能年玲奈が演じたヒロイン役のオーディションを受けたものの落選。助演に回された経験をもつ。

1

それだけに、オーディションなしでのオファー形式には波紋の声が広がっているようだ。

「オーディションなしでNHK側からオファーするのは異例ともいえますが、『あさが来た』と『とと姉ちゃん』が立て続けに高視聴率をキープしているだけに、『置きにいった』という声も聞かれます。朝ドラは通常、前期作品をNHK東京が、後期作品をNHK大阪が制作しますから、『ひよっこ』を制作するNHK東京としては、『好調の波をストップさせたくない』という思惑から、ある程度の数字が期待できる有村に白羽の矢を立てたのでしょう。01年の『ちゅらさん』、11年の『おひさま』で脚本を担当し、すでに実績のある岡田惠和を脚本家に抜擢したことでも、それは窺えます。ただ、オーディションなしということは、他の若手女優にチャンスの場さえ与えなかったということですから、業界内でも不満の声は噴出しているようです」(芸能関係者)

東京オリンピックが開催された1964年から物語が始まる『ひよっこ』で、有村が演じるのは、茨城の田舎で育った、谷田部みね子というおっとりした女性の役。“金の卵”と呼ばれ、集団就職で上京してからの成長物語を中心に描いているとのことだが、有村を起用した理由については、首を傾げるファンもいるようだ。

本名は有村架澄(ありむらかすみ)と卒アルで発覚。

1

21: 2016/07/04(月) 09:59:17.60 ID:gNy2uLty0
作品としてはまっていたら問題ないんじゅない
芸能事務所側の問題で視聴者はどうでもいいこと

29: 2016/07/04(月) 10:00:28.94 ID:H8bNEzaE0
どうせオーディションもやらせだろ
無駄な時間省いただけマシじゃね